屋根を葺き替えして太陽光発電設置による雨漏りを防ぐ方法

MENU

屋根を葺き替えして雨漏りを防ぐ方法

屋根の葺替えで防水対策

 

古い屋根は一時的に塗り替えで雨漏りを防ぐ

 

葺替えにより野地板のメンテナンスができる

 

施工費用は、板金屋根<ストレート屋根<瓦屋根<銅板屋根

 

軽量、耐久性が特徴のガルバリウム鋼板はオススメ

屋根の葺替えで防水対策

屋根を葺替えてしまうという防水方法

 

太陽光発電の雨漏りトラブルを避けるために、屋根を葺替えするという方法があります。

 

費用はかかるものの、屋根のトラブルを事前に確認できる良い機会となるでしょう。

 

 

屋根の防水性能

 

水漏れが起こるというのは、屋根としてしっかりと機能していないことを指します。

 

数年で屋根の葺替えが必要となることもあり、防水性能を高めるために一時的に塗り替えで対処することもあります。

古い屋根は一時的に塗り替えで雨漏りを防ぐ

屋根の塗替えもオススメ

 

鉄製の屋根、瓦屋根ともにサビや劣化が出てきます。

 

近い将来、それらが雨漏りの原因となることもあるので、早めの補修が重要です。

 

高圧洗浄で表面の汚れを取り除き、剥がれた塗装を剥ぎ、防錆剤塗布後に塗料を塗ります。

葺替えにより野地板のメンテナンスができる

屋根の葺替えでは野地板を補修することができる

 

太陽光発電では、パネルの取り付けの際、野地板に固定することが多いです。

 

屋根瓦の下に位置する野地板は薄い板ですから、経年劣化によりボロボロになっていることもあります。

 

太陽光発電の設置後に雨漏りトラブルで悩まないためにも、葺替えはオススメです。

 

 

瓦葺き技能士の有無もチェックポイント

国家資格である、1級、2級の瓦葺き技能士の有無も
屋根の葺替え業者選定で欠かせないポイントです。

 

実務経験と技能を持った専門の職人に任せないと、せっかくの補修もマイナスになってしまうこともあるのです。

 

工事店の中には、しっかりと屋根の状態検査をして納品してくれるところもあります。

施工費用は、板金屋根<ストレート屋根<瓦屋根<銅板屋根

屋根の種類

屋根には

  • 瓦屋根
  • 板金屋根
  • ストレート屋根
  • 銅板屋根

といった種類があります。

 

瓦屋根よりも、金属を使用した屋根は軽いため、屋根の負担を軽減するためによく用いられます。

 

 

施工費用について

 

屋根の種類によっても施工費用は異なります。
板金屋根が一番安く、ストレート屋根、瓦屋根、銅板屋根の順で高くなっていきます。

屋根の葺き替えで雨漏りを防ぐ

 

板金屋根

 

ストレート屋根

 

瓦屋根

 

銅板屋根

 

 

通常、屋根の葺替えというと100万円台後半〜200万円程度です。

軽量、耐久性が特徴のガルバリウム鋼板はオススメ

ガルバリウム鋼板について

近年、軽量であることから多くのハウスメーカーで採用されています。

 

瓦の重さが「10」だとすると、ガルバリウム鋼板は「2」と非常に軽いため屋根への影響が軽減できます。

 

その分、太陽光発電を導入際には、屋根全体の重量の関係上、多くの太陽光パネルを設置することができます。

 

 

 

ガルバリウム鋼板の構造

ガルバリウム鋼板の構造
<p>


鋼板をアルミニウムと亜鉛でメッキしてあるのが特徴です。

 

錆に対しては、表面のメッキが剥がれてしまうと弱いのですが酸性雨などにも耐える強さを持っています。

 

外壁材などにも活用されています。

雨漏りなどのクレームのないしっかりとした施工店が見つかります

太陽光発電の雨漏りを屋根の葺き替えで防ぐ